注意したいこと

ここまでは、プライベート名刺を作成することのメリットについて触れてきました。しかし、個人情報が多く記載されるプライベート名刺ならではの注意事項があります。ここでは、その注意事項について紹介します。

プライベート名刺では、ビジネス名刺と違い個人情報が多く記載されています。電話番号、住所など記載している方もいるでしょう。そうした情報が載っている名刺を不用意に渡すというのは、危険です。なかには、悪用を考える人もいるでしょう。その名刺を、使う場所、渡す相手までを考えて載せる情報を決める必要があります。例えば、アドレスを載せるのであれば、フリーメールのアドレスにするなど工夫が重要です。

せっかくプライベート名刺を作成するのであれば、相手に覚えてもらえるような印象に残る名刺にしたいものです。そのためには、顔写真、趣味などさまざまな情報が必要になるでしょう。そこから、交友関係への発展などにもつながる場合も多いです。初めの自己紹介が上手くできない人にとっては、名刺を渡すことにより、簡単に自己紹介が可能になります。しかし、名刺は物として残るため、記載する情報には注意が必要です。ここを注意して活用すれば、自己紹介のアイテムとして名刺はとても有効ですし、交友関係も広がるでしょう。ぜひ、プライベート用の名刺を作成してみてはいかがでしょうか。