デザイン

プライベート名刺は、自由に情報を記載することができるというのが大きなメリットですが、デザインも自由に作れます。ビジネス名刺では、記載しにくい顔写真も載せられますし、自分でイラストを入れたり、文字のフォントもこだわることができます。ここでは、印象に残る名刺にするために気をつけたいことを紹介してきます。

似顔絵印象に残る名刺にするために効果があるのは、写真、似顔絵、イラストをいれることです。やはり、名刺を後から見返した時に写真などがあると、思い出しやすいですし、連絡を取る時の安心感にもつながるでしょう。写真に抵抗がある方は、自分に関係のあるイラストなどを載せるのも良いでしょう。

また、最近ではSNSのIDやアイコンを自分の写真の代わりとして載せる方も多くなっています。アイコンを載せることにより、オフ会などSNSで繋がっている人と始めて会う時に、強い印象を与えることができます。また、名刺にSNSのIDが記載されていれば、そこから交友関係に発展していくこともあるでしょう。プライベート名刺のデザインも多様な中から選択できますし、価格も100枚1150円などリーズナブルです。ぜひ自分を表現できるデザインの名刺を作成してみてはいかかでしょうか。

名刺のイラストでアピールする作戦

 

 

名刺にウサギの横顔が印刷されているのを見た事はありますでしょうか。これは、実在する名刺です。ウサギの横顔といっても、リアルな写真が印刷されているわけでは有りません。黒いシルエットで横顔が印刷されているのです。これまた珍しいタイプですね。相手には可愛らしい印象を与える事ができるのです。名刺会社としては、女性にお勧めをしています。なお、白地に黒色のシルエットというのは一例に過ぎません。中には、黒字に白色のシルエットで印字する事も可能なのです。どちらを選ぶかは、好みということになります。

また、シルエットタイプではなくても名刺のど真ん中にリンゴのイラストが印刷されている名刺も実在します。これも、女性にお勧めのタイプです。リンゴの中にあなたの名前を印字して、リンゴの下の領域にその他の会社情報などを印字する事が多いです。もちろん、フォントは自由自在に変更可能なのです。

以上は、可愛いタイプの名刺です。

リンゴやウサギというと可愛らしい印象を与えますが、中にはペンキを塗っているイラストを印字したタイプも存在します。こちらの場合は男性向けという事になります。案外、性別によってイラストも変化するものです。

あなたらしさを印象付けるためにも、このように名刺のイラストを用いるのも有効な作戦なのです。

名刺用紙の色や質、大きさによっても相手に与える印象が変わります

名刺を渡す相手へ与える印象は、紙面のレイアウトだけでなく、用紙によっても左右されます。

持ち歩いたり保管したりするためにも、名刺にはやや厚めのしっかりした紙を使います。

厚みがあるほど、相手に重厚な印象を与えます。

用紙の色は、白に近いものほど信頼感を与えやすく、純白ならば気品を、アイボリーなど淡色がかったものならば温もりを感じさせます。

また、特に決まりはありませんので、所属する社や自分自身のイメージカラーを用いるといった工夫もできます。

紙質としては、表面の凹凸の無いものは堅実さを、細かな凹凸のあるものは柔らかな温かみを感じさせます。

和紙など自然で素朴な質感のものならば落ち着いた印象を与え、コットンを材料にしたコットンペーパーを用いますと、木材パルプが原料の紙とは異なる柔らかさと温もりを感じさせます。

サイズにも決まりはありませんが、日本では91mm×55mmが標準です。これより大きなサイズですと、受け取った方が保管する際に四辺が曲がるなどしかねませんので、注意が必要です。また、欧米における標準サイズは89mm×51mmとやや小さめです。この欧米サイズは、海外取引のある方はもちろん、スマートな印象を与えたい方にも適しています。

渡す目的

名刺を作成する上で一番重要なことは、目的を明確にすることです。例えば、ビジネスの場で渡す名刺と、婚活パーティーなどのプライベートな場で渡す名刺では、名刺を渡す目的が変わってきます。前者では、信頼できる会社だと思ってもらいたい、ビジネスパートナーになりたいなどの目的が考えられます。後者では、気の合う友人を見つけたい、婚活したい、自分と同じ趣味の人を見つけたいなどが考えられます。

目的がはっきりすると、ターゲットも決まります。自分と同じ趣味の人を見つけたいのであれば、その趣味を記載するのが良いでしょう。趣味も、ただ映画鑑賞、音楽鑑賞と無難な情報だけ載せるのは避けましょう。ありふれた趣味では印象に残ることが少ないからです。例えば、好きな映画、映画監督を載せるだけでも印象は変わってきます。

載せる情報に困っているひとにおすすめなのは、共通点を見いだしてもらえそうな情報を多く載せることです。趣味、特技、資格、出身地、出身校などを記載することにより、心理的な距離が縮まります。出来れば、趣味や特技は、特徴があるものの方が、印象に残りやすいですが、まずは自分を紹介していくことから始めていくことをお勧めします。

名刺作成は自分を売り込む道具です

名刺作成をすると、つい会社のものだけと考えがちではないでしょうか。ところが、経済環境が悪い近年、会社の給料だけでは生活できず、副業を持つ人が増えてきています。そんな人が個人の名刺を持つようになりました。

名刺を作成する上でのポイントは、名前や住所、電話以外にメールアドレス、HP(ホームページ)とかブログのURLなどの記載をするのはもちろん、余裕があれば写真を貼るのも自分を売り込む上で大切なことでしょう。そして異業種交流会や勉強会で人脈を広げるときに、作成した名刺を交換をします。交換した際に、残念だと思う人がいます。わざわざ自分を売り込むのに、住所や電話番号などを書いていない人、名刺を持ってこない人がいます。
これでは相手から覚えてもらえず、その時間は無駄に過ごすことになってしまうでしょう。

交換を終えたら、お礼状を出しましょう。メールでも可能です。できたら手紙(はがき1枚)が望ましいでしょう。その1枚の行動が今後、強い人脈となり、大きなビジネスにもつながるのではないでしょうか。メルマガのように配信する場合は、相手に見られていないかうるさがれることにもなりかねません、メルマガの配信は親しくなってからでない限り、行わないように気をつけましょう。

名刺作成の面白さについて

名刺というのは、営業職でもない限り、なかなか使わないものです。特に事務職の仕事では配る必要がないので、持っていない人もいるのではないでしょうか。しかし、なんとなく格好が良いので、欲しいと思っている人もいるでしょう。いまは個人で名刺を作成できる時代であり、自宅のプリンターで作成もできますし、印刷屋も数十枚から受け付けてくれるところもあるのです。

デザインやフォントも指定できて、オリジナルの名刺を作ることができるので実に楽しいです。別に仕事関係でなくてもいいのです。趣味で入っているサークルや団体用の名刺を作って周りに配るのもいいでしょう。面白い名刺なら喜んで受け取ってもらえるはずです。

費用もそれほどかかりませんので、ネタとして作るのもいいでしょう。一発ネタとしては十分に効果があります。何度も使えるネタではありませんが、受けることは間違いありません。是非とも何か機会があれば、試してみてください。

プライベート名刺とは

プライベート名刺というものをご存知でしょうか。名刺と聞くと、一般的な企業名刺をイメージする方が多いと思います。企業名刺では、名前、会社名、役職、連絡先など、社会的な立場を示す情報が記載されています。デザインもシンプルなものが多く、その人を知ることができる情報が記載されている企業名刺というのは、多くないでしょう。

名刺を渡す女性それに対し、プライベート名刺には、生年月日、血液型、出身地、資格、趣味、好きなことなどを記載するのが、一般的です。目的によって記載する情報は、様々ですが、自由に自分自身を紹介できることが、プライベート名刺の大きなメリットです。他にも、初対面でも、プライベート名刺を渡すことにより、強い印象を与えることができる。会社名が記載されている名刺を渡すのが、憚れる人にプライベート名刺を渡すなどのメリットがあります。

ここでは、プライベート名刺を作る上でのポイントについて紹介します。せっかく作った名刺でも、印象に残らなければ意味が無くなってしまいます。自由だからこそ、何を書けばいいのか分からない人も多いでしょう。そうした人にありがちなのが、無難な名刺にしてしまうことです。当たり障りのない内容では、名刺を後から見返した時に、印象に残っていることは少ないでしょう。そうした方でも、少しのポイントに気をつけるだけで、印象に残る名刺を作ることは可能です。プライベート名刺に、興味がある方はぜひ参考にしてください。

名刺作成は簡単にできます。いろいろな事情で作る人は多いです。

会社勤めと関係なく自分用に名刺作成をする人は結構います。個人情報保護の関係で学校で連絡網がない所が増えてきています。いざという時に連絡したい時がでてくるものです。

コンサートなどのイベントによく行く人でファンとの交流をはかりたくて配る人も多いです。手作りで名刺を作る人もいますがパソコンで作る人も多いです。その方が安上がりだからです。普通にプリンターで数百枚は印刷できます。

会社勤めで大量にいる人やパソコンが使えなくて手作りでも無理な人は専門業者に頼むといいです。デザインにこってカラフルでおしゃれな物を作るのもいいです。折角作るのなら印象に残る名刺を作りたいものです。

会社勤めの人は自分のアピールにもなりますし会社の知名度を上げる事にもなるのです。いろいろな事情で名刺を作る人が多いので年間の需要がそれなりに多いです。個人情報保護法があるから必要な物かのしれません。

アピールするためにもデザイン性にとんだ名刺作成を。

名刺作成はパソコン1台あれば簡単にできます。自分の個人用で作る人も多いです。コンサートなどのイベントで自分をアピールするために配る人や学校などで電話番号交換のためにお母さんたちが配ったりいろいろです。個人情報保護の関係で連絡網自体ない学校が多いのです。いざという時に連絡が必要な時があるので名刺は必要なのです。

デザインはソフトやネットで検索すれば簡単な物はすぐできます。自分の趣味で作る名刺の方がカラフルで綺麗です。印象に残りやすいような名刺が多いです。100枚ぐらいだったら家庭用のプリンターで十分印刷できます。名刺を大量にいる人は業者に頼んだ方がいいです。シンプルなのは分かりやすくていいのですが、ある程度デザイン性がないとアピールにはなりません。

名刺は自分のアピールだけではなくて会社の知名度にも関わってくるのです。あまりごめごめしたデザインで分かりにくくても駄目ですが、分かりやすくて人の印象に残るような名刺デザインをするといいです。