注意したいこと

ここまでは、プライベート名刺を作成することのメリットについて触れてきました。しかし、個人情報が多く記載されるプライベート名刺ならではの注意事項があります。ここでは、その注意事項について紹介します。

プライベート名刺では、ビジネス名刺と違い個人情報が多く記載されています。電話番号、住所など記載している方もいるでしょう。そうした情報が載っている名刺を不用意に渡すというのは、危険です。なかには、悪用を考える人もいるでしょう。その名刺を、使う場所、渡す相手までを考えて載せる情報を決める必要があります。例えば、アドレスを載せるのであれば、フリーメールのアドレスにするなど工夫が重要です。

せっかくプライベート名刺を作成するのであれば、相手に覚えてもらえるような印象に残る名刺にしたいものです。そのためには、顔写真、趣味などさまざまな情報が必要になるでしょう。そこから、交友関係への発展などにもつながる場合も多いです。初めの自己紹介が上手くできない人にとっては、名刺を渡すことにより、簡単に自己紹介が可能になります。しかし、名刺は物として残るため、記載する情報には注意が必要です。ここを注意して活用すれば、自己紹介のアイテムとして名刺はとても有効ですし、交友関係も広がるでしょう。ぜひ、自分なりのプライベート名刺を作成してみてはいかがでしょうか。

デザイン

プライベート名刺は、自由に情報を記載することができるというのが大きなメリットですが、デザインも自由に作れます。ビジネス名刺では、記載しにくい顔写真も載せられますし、自分でイラストを入れたり、文字のフォントもこだわることができます。ここでは、印象に残る名刺にするために気をつけたいことを紹介してきます。

印象に残る名刺にするために効果があるのは、写真、似顔絵、イラストをいれることです。やはり、名刺を後から見返した時に写真などがあると、思い出しやすいですし、連絡を取る時の安心感にもつながるでしょう。写真に抵抗がある方は、自分に関係のあるイラストなどを載せるのも良いでしょう。

また、最近ではSNSのIDやアイコンを自分の写真の代わりとして載せる方も多くなっています。アイコンを載せることにより、オフ会などSNSで繋がっている人と始めて会う時に、強い印象を与えることができます。また、名刺にSNSのIDが記載されていれば、そこから交友関係に発展していくこともあるでしょう。プライベート名刺のデザインも多様な中から選択できますし、価格も100枚1150円などリーズナブルです。ぜひ自分を表現できるデザインの名刺を作成してみてはいかかでしょうか。

渡す目的

名刺を作成する上で一番重要なことは、目的を明確にすることです。例えば、ビジネスの場で渡す名刺と、婚活パーティーなどのプライベートな場で渡す名刺では、名刺を渡す目的が変わってきます。前者では、信頼できる会社だと思ってもらいたい、ビジネスパートナーになりたいなどの目的が考えられます。後者では、気の合う友人を見つけたい、婚活したい、自分と同じ趣味の人を見つけたいなどが考えられます。

目的がはっきりすると、ターゲットも決まります。自分と同じ趣味の人を見つけたいのであれば、その趣味を記載するのが良いでしょう。趣味も、ただ映画鑑賞、音楽鑑賞と無難な情報だけ載せるのは避けましょう。ありふれた趣味では印象に残ることが少ないからです。例えば、好きな映画、映画監督を載せるだけでも印象は変わってきます。

載せる情報に困っているひとにおすすめなのは、共通点を見いだしてもらえそうな情報を多く載せることです。趣味、特技、資格、出身地、出身校などを記載することにより、心理的な距離が縮まります。出来れば、趣味や特技は、特徴があるものの方が、印象に残りやすいですが、まずは自分を紹介していくことから始めていくことをお勧めします。

プライベート名刺とは

プライベート名刺というものをご存知でしょうか。名刺と聞くと、一般的な企業名刺をイメージする方が多いと思います。企業名刺では、名前、会社名、役職、連絡先など、社会的な立場を示す情報が記載されています。デザインもシンプルなものが多く、その人を知ることができる情報が記載されている企業名刺というのは、多くないでしょう。

それに対し、プライベート名刺には、生年月日、血液型、出身地、資格、趣味、好きなことなどを記載するのが、一般的です。目的によって記載する情報は、様々ですが、自由に自分自身を紹介できることが、プライベート名刺の大きなメリットです。他にも、初対面でも、プライベート名刺を渡すことにより、強い印象を与えることができる。会社名が記載されている名刺を渡すのが、憚れる人にプライベート名刺を渡すなどのメリットがあります。

ここでは、プライベート名刺を作る上でのポイントについて紹介します。せっかく作った名刺でも、印象に残らなければ意味が無くなってしまいます。自由だからこそ、何を書けばいいのか分からない人も多いでしょう。そうした人にありがちなのが、無難な名刺にしてしまうことです。当たり障りのない内容では、名刺を後から見返した時に、印象に残っていることは少ないでしょう。そうした方でも、少しのポイントに気をつけるだけで、印象に残る名刺を作ることは可能です。プライベート名刺に、興味がある方はぜひ参考にしてください。